Categories

Archives

others

虫たちの夏は遠く

鳳凰小屋と言えば、知る人ぞ知る虫屋さんの聖地。

イケダイや、


ツカモトイをはじめ、とても珍しい虫(虫屋さんの間では「ド珍品」と呼ばれます)がこの山にはたくさんいます。


7月中旬はそういう虫たちが一斉に現れる時期なのですが、今年はまだ全くと言っていいほど姿を見かけません。


ミヤマカミキリモドキ

(他の山々では見つけるのがきわめて困難ですが、鳳凰小屋周辺では誰でも見つけられます)


原因は、梅雨による短い日照時間。例年よりも晴れ間が少ないので、虫たちが活発に動き回るような温度にならないようです。


逆に「陽の光がしっかり差すようにさえなれば、一斉に虫たちが動き出す」というのが鳳凰の虫博士、倖市さんの見解です。


クジャクチョウ

(クジャクのような彩やかな紋様が特徴です)


15632793907720.jpg

今年も虫屋さんたちがコタツを囲んで虫談義をされる。そんな日が待ち遠しい今日この頃です。


※イケダイとツカモトイは昨年。ミヤマカミキリモドキとクジャクチョウは今年の写真です。



アオト


新しい看板、立てました!

観音岳方面〜鳳凰小屋の分岐に新しい看板を立てました。


春に稜線に出たところ、

そこにあるはずの「鳳凰小屋 30分」という看板が...無い。冬の間に強烈な西風を受けて、吹き飛ばされてしまったようです。


韮崎市役所観光課のKさんにお願いして、新しい看板を作っていただきました。


先日のヘリコプターで上がって来たので、早速設置に。新スタッフのトミちゃんを連れて立てて来ました。

15632772883080.jpg

トミちゃんの感想は、

「地球は固かった」

だそうです。


本格的な夏山シーズン到来に間に合ってひと安心です。


アオト


鳳凰小屋の周りの野鳥たち〜コガラ・ヒガラ・キバシリ・メボソムシクイ〜

今年は梅雨らしい天気が続いていますね。


今日はそんな梅雨空の中、鳳凰小屋の周りに姿を見せてくれる鳥たちの紹介です。


まずは一番よく姿を見せるコガラとヒガラです。

こちらはコガラ。昨秋11月の小屋閉めの時の写真なので、冬に備えてややぽっちゃりさんです。


お次はヒガラ。のどから胸にかけて黒いのがコガラとの違いです。今日は小屋の近くで二羽のつがいのコガラが戯れていました。

今年の春先に小屋の受付嬢をつとめてもらう、なんてこともありました。(間違えて鳳凰小屋の受付に入って、出られなくなったようです)。


こちらはけっこう珍しいキバシリ。鋭い爪と尾っぽを使って、木の周りを走るようにくるくると登って、虫などをついばみます。

亜高山帯〜高山帯に生息する鳥なので、撮影できることは割と少ないそうです。


最後にメボソムシクイ。鳳凰三山を登ると、「チョリチョリ...」というメボソムシクイの鳴き声を耳にされることでしょう。

外見がかわいらしくよく見かけるので、個人的にお気に入りの鳥です。


時には鳳凰小屋の窓ガラスに激突して気絶している、なんてこともありました。

気絶していたので、倖市さんが岩の上にのせ撮影タイム。


他にもルリビタキやキクイタダキなど、小屋にはいろんな野鳥たちがやってきます。森に囲まれた山小屋ならではの楽しみです。



アオト


最近の鳳凰三山の気温とお天気

【気温】

最近の鳳凰小屋(2,380m)の気温は、朝方9〜12℃、日中で〜15℃くらい。週末もそれくらいの気温になりそうです。

フリースを含めて2〜3枚の衣類で快適に過ごせるくらいです。



【お天気】

先週はずっと雨とくもりが続き、スタッフ一同洗濯物が乾かず嘆いていましたが、

15628438650000.jpg

昨朝は久々のご来光。朝から晴れました。


雲海に浮かぶ八ヶ岳


日中はガスに包まれ、その後、猛烈な夕立ち。雨が上がると、きれいな星空が広がりました。


今朝も昨日に続いて、稜線は好展望。

(※以下、スタッフ岩橋が観音岳まで行って撮影して来ました)

今朝のご来光


朝焼けの雲と八ヶ岳


雲海の富士山


北岳・間ノ岳・農鳥岳


段差ができた雲海!?


甲斐駒ヶ岳の奥には、北アルプスの山並みもよく見えていたそうです。


その後は、くもりのち小雨のお天気。明日金曜日のお昼あたりからよくなっていく予報です。


今のところ、今週末の山の天気もここ最近では良さそうですね。天気の傾向としては、早朝の方がよいのかな。

せっかくの三連休ですから、登山日和のお天気に恵まれてほしいものです。



アオト


観音岳〜地蔵岳の登山道整備に行って来ました

三連休を前に、昨日今日と登山道のマーキングに行って来ました。


マーキングをし直したのは、観音岳〜地蔵岳にかけての稜線です。

【写真】昨日の早い時間は晴れていました。


ペンキは雨に打たれて薄くなり、テープも強風にさらされ取れてしまった箇所があったので、手直ししておきました。


15628454867602.jpg

【写真】その後、稜線はガスで真っ白になりました。


マーキングは特に悪天候の時に力を発揮してくれるはず。ガスのおかげで(?)悪くないマーキングができたんじゃないかな。



アオト


        
<< | 4/1182PAGES | >>