Categories

Archives

others

目指せ裏山、怪しい探検隊。

皆さんこんにちは、富田です。

突然ですが、子どもの頃家の裏山を歩いたことはありますか?

僕は無いです。家の裏は蕎麦屋さんでした。バリバリ住宅街です。


しかし、ここ鳳凰小屋には裏山があります。正確には地蔵岳から伸びる尾根があります。

この裏山は小屋から見ると、ゴツゴツした岩山で、いかにも険しそうなのですが、実はここを登ってオベリスクまで行ける、という話を耳にはしていました。


裏山にはトレイルがあるわけでも無く、なかなか試す勇気を出せずにいたのですが、スタッフのミユキさんが裏山へ通ったり、OBの方からオフトレイルの話を聞いたり、トレイルを外れて少し歩かせてもらったりタリバンダリ……しているうちに興味が膨らんで、昨日ついに不安な気持ちを上回ったので、裏山へ行ってきました。


行く前にオーナーから登り方をレクチャーしてもらい、いざ出発。

教えてもらった通りに登っていったはずなのですが、、、。稜線に出る手前で岩場に阻まれて登り切ることが出来ずにしばらく試行錯誤して、やっとこさのザレ場に登り切った時には、かなり時間が経っていました。

なかなかの眺め。綺麗に街が一望出来ます。

ザレ場には何やら誰かの足跡が続いています。どうやらシカの足跡のようです。足跡を下に辿って見てみると、さっきまで僕のいた岩場へと続いていました。

……こっちから来れば良かったのね。シカは道をよく知っているようです。


ここからオベリスクを目指すわけですが、目的地は遥か遠くに見えます。

ちゃんと辿り着けるかな…


とりあえず進んでみよう。

岩場を避けて少し北側へ回ると、景色が一変して苔の美しい森がそこにはありました。

苔、うつくしい……。


進む先を見ると、ここにもシカ道が伸びていました。

トレイルのないここではこうした獣道が頼りになります。シカなどの森の住人達が一番、山を知っているのです。


足跡を辿りつつ尾根を進みますが、歩きやすい道は少なく、枝やかん木をかき分ける場面もしばしば。時には斜面が切れて崖になったり、岩に進路を阻まれたりして、思ったようにいきません。

危険な場所は避けて進みますが、それでも心臓はバクバクで常に興奮状態。

もし、あの崖から落ちたらどうなるだろう。もし、道を誤ってしまったらどうなるだろう。もし、前進も後退も出来なくなったら、もし、日が暮れてしまったら、、、

そんな時に、逞しく生きる大木を目にします。

こんな高所で永い時間を過ごしてきたその姿には神秘性が宿っていました。

風雨に吹かれ、雪にも耐えて稜線に根を張るカラマツは曲りくねり枝を低く伸ばし、まるで盆栽のような姿に。

ここで一体どれだけの時を過ごしているんだろうか。

彼らの姿は数値的な枠を超えて大きく重く印象を残します。


感覚的にはかなり進んだ筈なのに目の前にはピークが立ちはだかりオベリスクはその向こう。

小屋に着くのは遅くなりそう……

でも、ここまで来て引き返すわけにも行きません。

頑張って越えて行こう。


歩みを進めるとだんだんかん木の壁が厚くなり、ハイマツと戯れながら進まざるを得なくなりました。

どうやったらコレを漕いで行けるんだ?

そんな時にも頼りになるシカの道。これなしには進めません。シカってすごい!生まれて初めてシカに尊敬の念を抱きました。

シカ先生です。宜しくお願いします。


ヤブをかき分けやっとこさピークを越えると目の前に堂々たるオベリスクが。

大きくて重みがにじみ出すような逆光の巨石を目にして、思わず手が胸の前で合わさります。

……神さまがいるんだ。

昔の人がバカでかい大仏を作った理由がわかりました。

きっと、この感覚を表そうとしたんだろう。

でかい岩やでかい木にはしばしば注連縄がまかれ、町や集落から見える山には信仰が集まる。

大きな不変の存在に人を超えた何かを感じることはごく自然なことで、それがきっと神や仏なんだろうな。


虹も出ていて、オベリスクの神性に拍車をかけていました。

小屋から出て初めて目にする人工物。

人気のないオベリスクの裏にあったのは、亡くなった方の慰霊碑でした。

碑の前で手を合わせて、ここまで無事に着いたことを感謝します。

こんなに自然な気持ちで手を合わせるのはなかなかありません。ここで人が亡くなった事も他人事には感じられませんでした。


オベリスクの下に石碑を見つけました。

ここにもある。

よく見ると、天照大神 と彫られていました。

オベリスクは古くは大日如来と呼ばれていたこともあり、やはり太陽の神さまとしての信仰を集めていたようです。


オベリスクを下り賽の河原に足が着くと、ようやっと生きた心地がしました。リアル賽の河原です。


さて、遅くなってしまったし、小屋に一報入れようとしたら、なんと圏外に。

おいっ、ソフトバンク!しっかり頼むぜ!


仕方がないのでそのまま小屋へ帰り、着いた時にはもう17時になっていました。

お客さんは少なかったものの、夕食の準備にも間に合わず、みんなにも心配をかけてしまい、大変申し訳なかったです。


しかも、先程の電話が「トミタです」の一言で切れてしまったせいもあり、トミタ遭難説まで浮上していたようです。

そうならずに済んで本当に良かった、、、。


迷惑をかけてしまった今回の探検ですが、本当にいい経験をしました。

実際に歩いている時には、なんでこんなことしてるんだろうかと思っていましたが、帰ってくるとまた行きたく思うのは何故なんでしょうか。不思議でなりません。

人間ってバカなんだな。(僕だけか


さて、これにて今回の探検隊は解散です。次回は紅葉の時に行きたいですね。


長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございました。


またお会いしましょう。


トミタ


目指せ裏山、怪しい探検隊。

皆さんこんにちは、富田です。

突然ですが、子どもの頃家の裏山を歩いたことはありますか?

僕は無いです。家の裏は蕎麦屋さんでした。バリバリ住宅街です。


しかし、ここ鳳凰小屋には裏山があります。正確には地蔵岳から伸びる尾根があります。

この裏山は小屋から見ると、ゴツゴツした岩山で、いかにも険しそうなのですが、実はここを登ってオベリスクまで行ける、という話を耳にはしていました。


裏山にはトレイルがあるわけでも無く、なかなか試す勇気を出せずにいたのですが、スタッフのミユキさんが裏山へ通ったり、OBの方からオフトレイルの話を聞いたり、トレイルを外れて少し歩かせてもらったりタリバンダリ……しているうちに興味が膨らんで、昨日ついに不安な気持ちを上回ったので、裏山へ行ってきました。


行く前にオーナーから登り方をレクチャーしてもらい、いざ出発。

教えてもらった通りに登っていったはずなのですが、、、。稜線に出る手前で岩場に阻まれて登り切ることが出来ずにしばらく試行錯誤して、やっとこさのザレ場に登り切った時には、かなり時間が経っていました。

なかなかの眺め。綺麗に街が一望出来ます。

ザレ場には何やら誰かの足跡が続いています。どうやらシカの足跡のようです。足跡を下に辿って見てみると、さっきまで僕のいた岩場へと続いていました。

……こっちから来れば良かったのね。シカは道をよく知っているようです。


ここからオベリスクを目指すわけですが、目的地は遥か遠くに見えます。

ちゃんと辿り着けるかな…


とりあえず進んでみよう。

岩場を避けて少し北側へ回ると、景色が一変して苔の美しい森がそこにはありました。

苔、うつくしい……。


進む先を見ると、ここにもシカ道が伸びていました。

トレイルのないここではこうした獣道が頼りになります。シカなどの森の住人達が一番、山を知っているのです。


足跡を辿りつつ尾根を進みますが、歩きやすい道は少なく、枝やかん木をかき分ける場面もしばしば。時には斜面が切れて崖になったり、岩に進路を阻まれたりして、思ったようにいきません。

危険な場所は避けて進みますが、それでも心臓はバクバクで常に興奮状態。

もし、あの崖から落ちたらどうなるだろう。もし、道を誤ってしまったらどうなるだろう。もし、前進も後退も出来なくなったら、もし、日が暮れてしまったら、、、

そんな時に、逞しく生きる大木を目にします。

こんな高所で永い時間を過ごしてきたその姿には神秘性が宿っていました。

風雨に吹かれ、雪にも耐えて稜線に根を張るカラマツは曲りくねり枝を低く伸ばし、まるで盆栽のような姿に。

ここで一体どれだけの時を過ごしているんだろうか。

彼らの姿は数値的な枠を超えて大きく重く印象を残します。


感覚的にはかなり進んだ筈なのに目の前にはピークが立ちはだかりオベリスクはその向こう。

小屋に着くのは遅くなりそう……

でも、ここまで来て引き返すわけにも行きません。

頑張って越えて行こう。


歩みを進めるとだんだんかん木の壁が厚くなり、ハイマツと戯れながら進まざるを得なくなりました。

どうやったらコレを漕いで行けるんだ?

そんな時にも頼りになるシカの道。これなしには進めません。シカってすごい!生まれて初めてシカに尊敬の念を抱きました。

シカ先生です。宜しくお願いします。


ヤブをかき分けやっとこさピークを越えると目の前に堂々たるオベリスクが。

大きくて重みがにじみ出すような逆光の巨石を目にして、思わず手が胸の前で合わさります。

……神さまがいるんだ。

昔の人がバカでかい大仏を作った理由がわかりました。

きっと、この感覚を表そうとしたんだろう。

でかい岩やでかい木にはしばしば注連縄がまかれ、町や集落から見える山には信仰が集まる。

大きな不変の存在に人を超えた何かを感じることはごく自然なことで、それがきっと神や仏なんだろうな。


虹も出ていて、オベリスクの神性に拍車をかけていました。

小屋から出て初めて目にする人工物。

人気のないオベリスクの裏にあったのは、亡くなった方の慰霊碑でした。

碑の前で手を合わせて、ここまで無事に着いたことを感謝します。

こんなに自然な気持ちで手を合わせるのはなかなかありません。ここで人が亡くなった事も他人事には感じられませんでした。


オベリスクの下に石碑を見つけました。

ここにもある。

よく見ると、天照大神 と彫られていました。

オベリスクは古くは大日如来と呼ばれていたこともあり、やはり太陽の神さまとしての信仰を集めていたようです。


オベリスクを下り賽の河原に足が着くと、ようやっと生きた心地がしました。リアル賽の河原です。


さて、遅くなってしまったし、小屋に一報入れようとしたら、なんと圏外に。

おいっ、ソフトバンク!しっかり頼むぜ!


仕方がないのでそのまま小屋へ帰り、着いた時にはもう17時になっていました。

お客さんは少なかったものの、夕食の準備にも間に合わず、みんなにも心配をかけてしまい、大変申し訳なかったです。


しかも、先程の電話が「トミタです」の一言で切れてしまったせいもあり、トミタ遭難説まで浮上していたようです。

そうならずに済んで本当に良かった、、、。


迷惑をかけてしまった今回の探検ですが、本当にいい経験をしました。

実際に歩いている時には、なんでこんなことしてるんだろうかと思っていましたが、帰ってくるとまた行きたく思うのは何故なんでしょうか。不思議でなりません。

人間ってバカなんだな。(僕だけか


さて、これにて今回の探検隊は解散です。次回は紅葉の時に行きたいですね。


長くなりましたが、お付き合い頂きありがとうございました。


またお会いしましょう。


トミタ


美しい朝です!秋深まる鳳凰小屋より。

おはようございます。

今日も美しい朝を迎えています。

気温は9度、晴れ。

05:26富士見岩


05:32八ヶ岳展望岩


05:44富士見岩


05:51小屋から御座石方面に10分程下った登山道


05:54八ヶ岳展望岩


朝の30分はたくさんの光景を観ることが出来ます。

1日の始まりは、こんなにも美しい。

写真ではなく、肉眼で見て欲しいです。


今年は天気予報に踊らされるシーズンでした。

予報では曇りや雨の日でも、山の上は晴れという日も。

山の天気は予想しづらいですが、こんなにもハズレるか?と思います。

「こんなに天気良いのに、なんで登山者がいないんだ!」

と鳳凰小屋オヤジも嘆いています。

どこぞの天気予報よりも、オヤジ予報の方が当たるかも?!笑


鳳凰小屋ナミヒラ


色付き始めた鳳凰山より。

こんにちは。ナミヒラです。


今日の予報は曇りのはずですが、晴れています。最高の登山日和です!

気温も暖かく風もありません。

こんな日に山に来ないなんて…

あか抜け沢の頭まで来ています。

今日は12時になってもガスは上がって来ていません。

なんと言うか…

最高の天気です!

山は次第に色付き始めています。

毎日変わっていく山の表情を、観ることができるなんて、こんな幸せな事があるでしょうか。

是非、秋を探しに鳳凰山へお越し下さい。

美しい光景を目の当たりにすることが出来るでしょう。


鳳凰小屋ナミヒラ


《お天気情報》今朝の富士山

おはようございます!岩橋です。


今朝の天気は晴れ。気温は、6℃。

これからの天気ですが、オーナーより

多少雨は降るだろうけど、台風の影響はほとんど無いだろうとの事です。

なんという有難い天気予報…‼

私たちはオーナーを信じていますよ!^^


変わりまして…

今朝の富士山

今朝も富士山は美しい!雲もとても綺麗ですね!

すっかり秋の雲!気持ちのいい朝です。

では、今日も良い1日を!



鳳凰小屋 岩橋


三連休の稜線風景

9月1度目の三連休が終わりました。


今年は週末のたびに天気に悩まされて来ましたが、今回はようやく文句なしのお天気に恵まれました。多くの方に鳳凰三山の山歩きを楽しんでいただけたかと思っております。


私どもスタッフは小屋につきっきりでしたが、小屋の仲間たちが稜線まで出掛けて写真を撮って来てくれたので、少しばかりご紹介いたします。


9月14日(土) 北岳からの鳳凰三山。小屋仲間の有馬くんが送ってくれました。写真では鳳凰小屋の高さでさえ雲の中でしょう。この高さまで登ってみなければ見ることのできない景色です。


翌9月15日(日) 同じく北岳から鳳凰三山越しの朝焼け。北岳から鳳凰三山をご覧になって鳳凰三山にいらっしゃる方はとても多いです。


小屋前からの朝焼けも見事でした。(岩橋撮影)


雲海を突き抜け甲斐駒ヶ岳。(ちばさん撮影)


最後に高嶺(たかね)より地蔵岳。どこから見ても目立つピークです。



アオト


《お天気情報》雲がある日の朝陽

おはようございます!岩橋です。


早朝の天気は晴れ時々曇り。

気温は10℃。


8:15現在、薄い高曇が広がっています。

晴れ間から陽が差すと、気持ちの良い穏やかな朝です^^

気温は15℃です。


今日のアカヌケ沢の頭からの御来光をご紹介します。


4:51

賽ノ河原へ向かう途中

雲が良い感じに出てました!

朝焼けへの期待が高まります!


4:58

賽ノ河原

お地蔵さんと甲斐駒ケ岳


5:08

赤抜沢ノ頭

面白い雲ですね!


やはりここに来ると風が強くなります。

御来光観賞には、防寒着必須ですよ〜!


5:19

雲が良く焼けました!最高です!


5:23

雲海にも光が…(*^^*)


5:29

太陽は赤みが抜けていきます


5:45

甲斐駒ケ岳方面は、少し雲が多めです。


朝陽を楽しんだので小屋へ戻ります。


5:47

賽ノ河原から小屋へ戻る途中

富士山と柔らかい光が美しかったです^^



今日も北岳、甲斐駒ケ岳、富士山は良く見えていましたよ!

朝、この時間の美しさはたまらないですね!!


最後に、アカヌケ沢の頭からの

北岳をご紹介♫

5:22

5:33

山肌の色が変わる様を楽しめるのも

この時間ならではですよね!



では、今日も良い一日を^^



鳳凰小屋 岩橋


《お天気情報》今朝の富士山とホウオウシャジン

おはようございます!岩橋です。


早朝の天気は晴れ。

気温は10℃。


8:00くらいから少し雲が出てきましたが、

10:05今は青空が広がっています^^

気温は少し上がって15℃です。


今日の写真は

小屋の近くで撮った今朝の展望です。

富士山とホウオウシャジンを中心にご紹介します♫


4:55

今日も雄大で美しいですね^^


5:20

今日も鳳凰小屋は雲海の上でした!


ホウオウシャジンは見頃を迎えていますよー^^ 岩場を探してくださいね!


5:28

そして今日も金峰山は輝いてました!

雲海の上に浮かぶ金峰山。

朝日で輝く雲海が美しいですね!!


5:42

陽を受けるホウオウシャジン


5:45

太陽の位置が少しずつ高くなってきましたね


またまた富士山^^


いい天気!

1日が始まったなぁ〜!


今日も良い一日にしましょう^^



鳳凰小屋 岩橋


《お天気情報》今朝の御来光

おはようございます!岩橋です。


早朝の天気は曇り。

気温はいつもより暖かく12℃。

5:30くらいから雨が降り出し、雨脚が強まったり弱まったりしています。

8:30現在、気温は13℃。



今朝の幻想的な空をご紹介します。


5:16

雲が動く度に、空の様子が変わっていきます。

早い時間には赤みが強く


5:20

徐々に黄金色!


5:23

そして青みがかってきました。


5:25

雲間から輝く金峰山!


時間を追うごとに変化する色が美し過ぎて…(*^^*)

言葉にならないって、こういう時ですね!


御来光が楽しめるこの場所は、鳳凰小屋から御座石方面へ徒歩約10分。

小屋に来られた際は、朝の散歩にいかがでしょうか^^


今日も素晴らしい1日の始まりでした!

皆様の1日も良い一日になりますよう!!



鳳凰小屋 岩橋


《オベリスクの頂へ》

テント泊されたt.nさんとt.oさん。

オベリスクの頂に立ちました!

ロッククライミングは2年ほど前から始められて、普段はボルダリングでトーレニングしているそうです。

「景色は良かったけど、怖かった」

「今回はヘルメットを持ってこなかったけど、あった方が良かった」

と話してくれました。


装備はロープ、カム、シューズ、ヌンチャク、ハーネスを持参したとの事。

(注意!オベリスクの頂上へは上記の様な装備がなければ登ることはできません)


トレーニングをして、装備を揃えてロッククライミング始めてみてはいかがでしょうか。

新しい世界が広がっているかもしれません!?


鳳凰小屋ナミヒラ


        
<< | 2/31PAGES | >>