Categories

Archives

others

韮崎市役所の帰りにトチの花。少しづつ営業再開へ向けた準備を進めています。

昨日は倖市さんと一緒に韮崎市役所へ。鳳凰小屋の営業再開へ向けた打ち合わせをして来ました。


担当の方には営業方針を受け入れていただき、登山口に案内の看板も設置していただけることになりました。大変ありがたいことです。


※鳳凰小屋の営業再開後の予定はこちら↓

http://blog.houougoya.jp/?eid=1214932


山小屋での感染を防ぎつつ、細々とではありますが営業を継続して行けるよう、準備を進めて行きたいと思います。


-----------------------------------------

さてここで、令和こそこそ話…。

(以下、山とは関係ありません。笑)

韮崎市役所のそばにあったトチの木に、

トチの花が咲いていました。白い花びらの中に淡いピンク色がやさしくきれいな花です。


倖市さんがいろいろ教えてくれましたが、トチは西洋では「マロニエ」と呼ばれる代表的な街路樹の一つなんだそうです。

日本ではあまり見かけないように思いますが、


♪マロニエの並木が窓辺に見えていた〜

珈琲を一杯で一日〜

(『時には昔の話を』)


と加藤登紀子さんが歌われているから、都会では珍しくないのかもしれませんね。



ぼくの場合、トチと言えば思い浮かべるのはやはり…

「とち餅」でしょうか。(寿製菓HPより)


地元鳥取の白とち餅は、さっぱりした甘み。あと一個だけのつもりがなかなか止まらない。そんなお土産におすすめの一品です。


とりとめもない花より団子の小話でした。



アオト


コメント
コメントする