Categories

Archives

others

【6/16 開花情報】今回はかなり盛りだくさんです

15606863155035.jpg

【写真】昨日お泊まりのNさんから頂いたミヤマハンショウヅルの写真。左の白花は定かではありませんが、もしやアルビノ?。だとすると、かなり珍しいです。


------------------------------

初夏の花々が続々と咲いています。

先日の下山時にオーナーの倖市さんから詳しく教えてもらったので、今回は盛りだくさんの内容でお届けしますp(^-^)q


登山口からだいたい順番にご紹介します。

梅雨入りしたので、ギンリョウソウが出ました。光合成しない不思議な植物です。


ドンドコ沢コースではヤマツツジがよく咲いているようです。


トウゴクミツバツツジ。雄しべが10本。普通のミツバツツジは雄しべが5本なのが違いの一つです。


ツクバネソウ。


マムシグサの仲間。毒があるのでご注意。


カモメランが見頃です。...が、昨日登る途中に盗掘された跡を見つけました。とても残念な思いです。高山植物の盗掘については、また別途記事を書きたいと思います。


イワセントウソウ。葉っぱの形が特徴的です。

ツクバネウツギ(Nさんご提供)、ツバメオモト、コミヤマカタバミ、シロバナノヘビイチゴも咲き出しました。


タケシマラン。あるのは知っていましたが、初めて見ました。とても小さくて倖市さんに言われなかったら気づきませんでした。


コイワカガミ(2,100mあたり)。これから当分見頃を迎えます。


バイカオウレン(2,300mあたり)はピークを過ぎ、

入れ替わるように、キバナノコマノツメが咲き出しました。スミレの仲間です。


ドンドコ沢コース、鳳凰小屋手前の日本庭園のようなところにはクモイコザクラ。こちらもピークは過ぎてるかな。


小屋の前では雨に濡れて透明なサンカヨウ。ヒメイチゲ、エンレイソウ(黒)、ミヤマエンレイソウ(白)なども見られます。


稜線では、キバナシャクナゲ(稜線)とウラシマツツジが見頃のはず...。雨や寒さでダメになっていないか少し心配です。


以上です。



アオト


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック