Categories

Archives

others

桜と鳳凰三山。コロナで今年の山小屋の営業はどうなるのか心配ですが、今日の鳳凰三山は春山の絶好調な登山日和。山に登れないのが残念です。富士山や甲斐駒ヶ岳、八ヶ岳も綺麗です。

2020040911450000.jpg

コロナで今年の山小屋営業が出来るか心配です。今日の山々は綺麗に眺められます。桜は花びらが散り始め葉桜に移行しつつあります。登山日和が続いていますがコロナ問題で儘ならない今年のゴールデンウィークになりそうです。春の野を散策すると身近な思いがけない処での野花に出会うなどの発見などあり楽しい季節ですが残念です。 細田倖市


登山で想定されるコロナウイルスの感染リスクについて


‥豕都山岳連盟「登山者の皆様へ コロナウィルス感染予防のためのお願い」

 https://t.co/yUjNUxEsQV

登山で想定されるコロナウイルスのリスクについて、現状、最も分かりやすくまとめられた文章だと思います。

ぜひ一読されることをおすすめします。


ほかに以下の2つのリスクも想定されると思います。

▲肇ぅ譴任隆鏡リスク


山小屋のトイレは、閉鎖された共有スペースなので、感染のリスクがあります。

※テント泊の場合も山小屋のトイレを利用する場合は同様です。


対策としては、消毒スプレーや除菌シートなどが考えられますが、山小屋側でも十分な量を調達しにくいのが現状です。できるだけ各自持参していただく必要があると思います。



コロナウイルスが重症化した場合のリスク


山でコロナウイルスが重症化した場合、救助を呼ぶことはできません。


ヘリコプターでも人力でも、救助を行えば救助隊がきわめて高い感染リスクを負うためです。


したがって、どれほど重症化しても自力で下山することになります。


そうした命にかかわる事態におちいらないよう、

・無理のない山行計画を立てる。

・わずかな体調の変化を見逃さないよう、いつも以上に体調に気を配る

・早めに中止・撤退の判断する

・(山中泊を伴う山行であれば)必ずエスケープルートを確保する


など、普段からやるべきことをいつも以上に徹底することが求められます。


特にパーティーで行動する場合は、リーダーを中心にして、様々な状況にどう対処するか想定しておく必要があると思います。

---------------------------------

山小屋が気持ちよく山を勧められないのは心苦しい限りですが、まずは「リスクを知る」ことが何より大事かと思っています。


知らずに危険を冒すのが、山では一番やってはいけないことですので。

事態が一刻も早く収束し、皆様が何の気兼ねなく山を登られるようになるのを祈るばかりです。


アオト


GW期間(5/1〜5)は売店とテント泊の方のみの対応とさせていただきます。

コロナウイルスの流行に伴い、GW営業は以下のように対応させていただきます。


 ̄超汎を例年よりも短縮し、

【5月1日(金)〜5日(火)】

といたします。スタッフは6日(水)に下山予定です。


◆GW期間は、売店およびテント泊の方(※ご予約は不要です)のみの対応】とさせていただき、小屋でのご宿泊受付ならびにお食事の提供はいたしません。


テント泊の場合も、トイレは共有スペースとなります。GW期間は凍結のため、トイレの水洗が利用できず、除菌スプレーなども手に入らないためご用意できません。

集団感染を防ぐため、【小屋に到着されてからのマスクの着用】と【スプレーやウェットティッシュなど除菌用品のご用意】をお願いいたします。


以上、何とぞご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。



※なお、GW連休後の対応につきましては検討中です。決まり次第、鳳凰小屋ブログにてお知らせいたします。



細田倖市


通行止め解除のお知らせ。鳳凰三山の登山口の小武川林道が1日に解除され御座石温泉までの通行が出来るようになります。登山や渓流釣り、山菜採りなどご利用下さい。近くの神代桜も見頃です。林道にキブシの花が満開

2020032809000000.jpg

通行止め解除のお知らせ。鳳凰三山の登山口の小武川林道が1日に解除され御座石温泉までの通行が可能になります。近くの神代桜も見頃です。ついでに林道を走りキブシやミツバツツジやダンコウバイの花やヤマネコヤナギ、フサザクラなどの木々の花を愛でてはいかがですか。

細田倖市


鳳凰三山での遭難の続報。13日に日帰りで夜叉神峠から鳳凰三山に登山するも未だ帰らず。捜索が続いています。

2020022412350000.jpg

鳳凰三山に夜叉神峠から日帰りの予定で入山、13日午後に友人に薬師岳小屋に泊まると連絡あり。16日に地上からの警察官達の捜索隊が遭難者のメモを発見。薬師岳小屋に泊まり翌日観音が岳方面に向かうとのメモが小屋にあり、その後の消息が未だに不明です。連日、関係者の地上又はヘリコプターでの捜索にも関わらず手掛かりがありません。明日からの連休で入山される方は何か手掛かりを見つけましたら警察にご連絡お願い致します。上着はブルーのジャケット、パンツは黒、緑色のザックです。宜しくお願い致します。無事に発見出来ることを願っています。 細田倖市


春山を甘く見ないで下さい。鳳凰三山で遭難者。13日に夜叉神峠からの入山者が行方不明です。警察などが捜索しているが未だ見つかりません。まだまだ雪が降ったり、吹雪いたりします十分な装備で登山してください。

2020031211510001.jpg

13日に夜叉神峠から入山した70代の方が行方不明です。入山日は暖かい良い天気でしたが翌日は1日降雪、15日は晴れですが里でも吹雪くような荒れた天気でしたので、心配です。連日ヘリコプターが飛んだり地上からの捜索しているが未だ見つかりません。

春山天気の変化が激しいので注意が必要です。安全登山を心がけてください。

細田倖市


通行止めのお知らせ。小武川林道御座石線が今日から3月末まで通行止めになりました。

2020030909580000.jpg

災害復旧工事のために御座石温泉までの林道、小武川林道が今日から通行止めになりました。3月末まで通行出来ません。 以上、お知らせ致します。通行解除になりましたならばお知らせ致します。

細田倖市


【登山道情報&稜線風景】2月24日 御座石鉱泉〜鳳凰小屋〜地蔵岳 その2

今日は鳳凰三山の地蔵岳の稜線の様子を紹介します。


樹林からのぞく朝焼けの富士。


鳳凰小屋から上の樹林は雪がしまって快適です。


急登ですぐに暑くなるので、ウェアは着込みすぎないようにしましょう。


森林限界を越えると、冬山特有の強烈な西風にさらされます。

,任るだけ汗をかかないで登る(汗冷えしないように)

⊆林帯を出たら、すぐにハードシェルを着られるようにするのがおすすめです。


強風を乗り越えて、賽の河原で喜びのポーズ。


お地蔵さんたちの奥には秀峰、甲斐駒ヶ岳。雪に映えます。


風が吹き抜ける強風地帯ですが、可能な限りゆっくりときた時間を過ごしたいところです。


鳳凰小屋から登った方は、賽の河原で終わらず、ぜひ絶景の待つアカヌケ沢ノ頭まで行ってみてください!


シュカブラ。風と雪が織り成す文様です。


アカヌケ沢ノ頭は、地蔵岳(オベリスク)のビューポイントです。


白峰三山の山並みもきれいです。


北岳と間ノ岳。3,000m峰にはたっぷりと雪があるのが見てとれます。バットレスが見事!


仙丈ヶ岳のカールも真っ白。



記念撮影をして、景色に後ろ髪を引かれつつ下山しました。


暖冬で町は雪が少ない今年ですが、山の上にはそれなりにしっかり雪があるようです。


今後、南岸低気圧が来れば、もう少し積雪が増えるかもしれませんね。



写真 小池さん

文 アオト


【登山道情報】2月24日 御座石鉱泉〜鳳凰小屋〜地蔵岳 その1

小屋仲間の小池さんが地蔵岳まで登って来てくれたので、登山道情報をお知らせします。



〜積雪状況〜(2月24日)

登山口の御座石鉱泉〜西平まで積雪なし。車で登山口まで入れます。青木鉱泉側は冬の間ゲートが閉まっています。


西平を過ぎた1,500mあたりから凍結。チェーンスパイクなどが必要です。


燕頭山からの登山道は積雪20cm〜50cm。ここでアイゼンを履くとGood。


次第に積雪が増えていきます。


小屋が近づくと顕著なトラバースが2箇所続きます。雪が多いとラッセルが大変です。また3〜4月は凍結するので注意が必要な箇所です。ピッケルとアイゼンが一番必要なのはここになります。

※2個目のトラバースは山側に高巻きすることもできます。


鳳凰小屋。今年も雪の重みに耐えてくれていました。

トイレ(外にある黒い建物)を一つ開放してあります。くれぐれもその辺でやらぬようお願いします。冬季小屋も開放しています。

小屋周辺は積雪1mくらい。


小屋から観音岳側に行き、


大きな岩の下をのぞくと、水場があります。今年は暖かいので、春まで持ちそうですね。


そこから上の樹林帯は積雪50cm。砂地はくるぶし程度で歩きやすい状態だったそうです。


稜線の景色はまた後ほど!



写真 小池さん

文 アオト


今日は穏やかな登山日和でした。鳳凰三山には大勢の登山者がありました。落日の鳳凰三山や富士山も美しく見えていました。暖かな今日、ツバメを見ました。今年の初見です。例年より1ヶ月も早いツバメの来訪です。

2020022416490001.jpg

今日も暖かい日でツバメが飛んでいました。今年の初見です。例年より1ヶ月も早いツバメの初見です。なんか季節が狂っているなんて思ってしまいます。富士山や鳳凰三山等の山梨県の山々はどこも綺麗に見えていました、まだ冬山の季節なのですが今日の鳳凰三山は登られたかたの話では完全なる春山みたいな登山日和とのことでした。 久しぶりに落日の鳳凰三山を眺めましたが穏やかな暖かい日射しでした。

細田倖市


        
| 1/18PAGES | >>