Categories

Archives

others

実はあります。小屋付近の展望地。


こんにちは


雨が続くこの頃ですが、、、


今日はというと

この通り


雲は高く、下には雲海が広がっています〜


朝も焼けていたようで、上に行かなかったことが悔やまれます……



さて、

ブログで度々上がるこの富士山、一体どこで撮っているのでしょうか?


小屋の周辺は山に囲まれており、

富士山を望むことは叶いません。


ちなみに、

オベリスクはテラスから見ることができます。


富士山の写真の答えは、「富士見岩」にあります。


その岩は御座石コースの途中、小屋から7分程の場所にある、

この、のっぺりとした岩がそれです。


谷側は

このように開けていて、ドンドコ沢を見渡せるようになっています。


そして、その視線を上へ上げると…

ドーンと富士山が迎えてくれる、というわけです。


小屋からちょっとの時間でいけるので、条件が良い日は……

朝日や夕陽で色づく風景を手軽に小屋からことができます。


山頂や稜線だけではない、道中からの眺め。

尾根道である御座石のコースからは所々山を望める場所があります。


途中そんな風景に出会ったら一息ついてしばし眺めるのも、また乙ではないでしょうか。


まだまだ気を抜けない状況。

感染対策に気を配りつつ、山を楽しんで行きましょう。


それでは〜



トミタ


早朝さんぽ、地蔵岳。


おはようございます。


今朝の天気予報はくもり。

実際にも、くもりです。


山の朝のくもりが何を意味するか…?


そう。


朝焼け!


、、、になるかもしれないということです。


ならば、早起きして上に行くっきゃないっ!


……


で、日の出。


ちょっと寝坊して、賽の河原の少し下あたりで迎えました。


しかし、太陽が山の向こうで、しかもどうやら雲に隠れてしまっている様子。


上空の雲と下層の雲の間から顔を出すのがベストなのですが、、、。


その場合↓

こうなります。


また次回に期待です。

でも、少し焼けてて綺麗…。


今日の富士山↓

もうだいぶ雪が溶けましたね。


さて、オベリスクを眺めるに最適な場所があります。

赤抜沢ノ頭です。


賽の河原から10分程登ったピークがそこになります。


道中可愛らしい花が。


なんという花だろう?


戻って調べたら「ツマトリソウ」という名でした。


「花弁の縁に見られる紅色の縁取りを、和服の"褄とり"に見立て名付けられました。」


なるほど。

しかし、「褄とり」を僕は知りません。

現代っ子ですね。


そして、赤抜沢ノ頭に到着。

オベリスク、カッコいい〜!


古来、その姿を仏に見立てて大日如来と呼んでいたそうです。


が、今ではそれも薄れてしまった物語なのかもしれません。


山を歩くと様々な出会いがあります。

人、花、動物、歴史、、、。


景色だけでは無い、奥深い山々を、そして鳳凰三山を歩いてはいかがでしょうか?


鳳凰小屋もお待ちしてますよ…!


いらっしゃる際は十分な計画と準備、感染拡大防止の対策にご協力くださいね。


それでは!



トミタ


快晴の日の出


こんにちは


天気や昼夜の変わり目は、空がきれいですよね。


夕暮れの日の落ちる美しさも心に染みるものがありますが、夜明けの闇が払われ希望に満ちていくような空の表情もまた、なかなかにオツなものです。


ということで、今回は日の出。

場所は観音岳からのブログです。


星も撮ろうと三脚を担いで、朝(?)の2:20に小屋を出発。

週末のお手伝いに来てくださった、さっちゃんと一緒に暗い森を登って行きました。


途中、稜線に出た所で去年立てた看板の安否を確認……したのですが、


before↓


after↓

冬の強風で半分こになっていました、、、。

山の厳しさが垣間見えます。


観音岳山頂に着いた頃には空が染まり始めていて…

街の明かりも大変綺麗に見えました。


が、星を撮るには既に明るすぎる。

日の出の一時間前でも、太陽の光が空を支配し始めていました。


もっと夜中に出なくちゃダメか〜


そして寒さを我慢した先の、日の出。


綺麗だなー!


雲も上空にほとんどない快晴。

遠くの北アルプスまでくっきりとみえるほどでした。


おはよう、富士山。


おはよう、地蔵岳。


さて、このまま薬師岳まで行ってしまいたいところではありますが、僕たちは小屋へ帰らねばなりません……。


快晴の稜線を地蔵岳方面へ向かいます。


途中マーキングを直しつつ、、、。

(さっちゃん撮影)


無事に地蔵岳をまわって鳳凰小屋へ帰ってきました。


久々の観音岳、とても楽しく素晴らしい山行になりました!


さっちゃん、どうもありがとうございました〜

またお散歩しましょう!


以上、日の出ブログでした。



皆さんも山へ行くとき、ちょっと早起きして、朝焼けを眺めませんか?


……もちろん天候にもよりますが。


まだまだコロナウイルスの落ち着かない状況ですが、冷静に適切な対処をして登山をしましょう。


ありがとうございました。


それでは!


文:トミタ

写真:さっちゃん & トミタ


3月の仙ノ倉山北尾根に行ってきました(後編)

※新型コロナの影響でお休みの間に、過去の山行記録を上げています。


3月中旬に行った仙ノ倉山北尾根の2日目。テントを撤収して下山する最終回です。


◆仙ノ倉山山頂にて

仙ノ倉山山頂には3人ほど先客がいました。2人はスノーシューを履いた若者たち、もう1人はバックカントリーを楽しみに来たスキーヤーのおじさんです。


彼らは仙ノ倉山の隣にある「平標山(たいらっぴょうやま)」から縦走して来ていました。松手山コースは、谷川連峰の稜線に出るのにやさしいルートで、平標山もとても展望のよい山だと聞いています。

ぼくらもそちらへ抜けたいところですが、今回はテントを残して来ているので同じ道を戻らなければなりません。


◆下山開始 〜団子雪に苦しむ〜

ぼくらが下山を始めると、スキーヤーのおじさんがシュプールを描きながらあっという間に滑り降りて行きました。スキーは速くてうらやましいですね。


ぼくらは一歩一歩確実に下りていきます。

登りがあれだけ急でしたから、下りも気を抜けません。(↑の黒い人影は田口さん)


しかもお昼になって気温が上がり、雪が団子になってアイゼン(足の爪)にくっつくようになってきました。


足裏が雪で団子になると、アイゼンの爪が雪に隠れて雪面に刺さらなくなります。この状態で凍った箇所を踏めば、当然滑ってしまいます。

数歩ごとにピッケルで足を叩いて雪を落とし、アイゼンの爪が刺さる状態をキープしながら進みます。柔らかい雪と凍った硬い雪面が交互に出てきて、なかなか厄介でした。


◆核心部の楽しい下り

そして、いよいよ核心部の雪壁。

山側に身体を向け、アイゼンの前爪とピッケルのブレードに命を預けて下ります。

こういう時は腰の横あたりの低い位置にピッケルを刺すと速く下れます。久々にピリッと緊張感のある楽しい下りでした。


※アイゼンの前爪を使った下りやトラバースの技術は、急傾斜のある冬山では必須の技術です。きちんとしたガイドさんや山岳会の方から教わり習得されることをおすすめします。

※この部分、慣れた二人だったので、ロープを出しませんでしたが、基本的には出した方がいいと思います。潅木で支点が取れます。



◆風に吹かれて…

核心を無事に越えました。あとは景色を楽しみながら下るだけ…。


と思ったのですが…


なんかおかしくない???


そう思っていたところ、相棒の田口さんからも声を掛けられました。

緑矢印がぼくたちがテントを張った場所です。ぼくらはテントを2つ張ったんですが、1つしか見えないような気がします…。


しかも見えてるのは田口さんの緑のテント。ぼくの黄色いテントは見当たりません…。


風で飛ばされてしまった?

それとも最近流行りのテント泥棒?


…ふぅ、いかん。こういう時こそ平常心。

平常心で急いで下ります(苦笑)


田口さんのテントは風でひしゃげていました。


ぼくのテントは谷の方へ風で吹っ飛ばされていました。テントの角をしっかりと止めていなかったのが原因でした。風が弱い予報だったので油断しました。何はともあれ、回収できてよかった!


そんなこんなで、荷物をまとめて下山再開。お騒がせしました。


群大ヒュッテを通過。



振り返ると、最後に仙ノ倉山北尾根が姿を見せてくれました。


駐車場に着いたのはちょうど18時。13時間近い長い一日になりましたが、大満足。仙ノ倉山北尾根はうわさに違わぬすばらしい雪稜の山でした。恵まれた日に登れたことに感謝です。



アオト


3月の仙ノ倉山北尾根に行ってきました(中編)

※新型コロナの影響でお休みの間に、過去の山行記録を上げています。


3月中旬に行った仙ノ倉山北尾根の2日目です。



◆小屋場ノ頭からスノーリッジへ

2日目は暗いうちに起きて食事を済ませ、白み始めた5時過ぎにテントを発ちました。


仙ノ倉山北尾根はここから難所を迎えるので、不要な荷物はすべてテントにデポし(置い)て行きました。


まずは「スノーリッジ」。大半は穏やかですが、場所によっては片側が切れ落ちていたり、両側が落ちた細尾根だったりします。


…という情報だったのですが、雪の状態がよかったようで、今回は特に問題なく通り抜けられました。今年は3月まで雪が少なかったですからね。

夜が明けてきました。


スノーリッジの奥の山並みに陽が当たり美しいです。


タカマタギ〜日白山。


そして、背後には…

巻機山(まきはたやま)が巨大な山躯を現しました。巻機山は数年前に白毛門(しらがもん)から縦走したことがあり、とても思い入れのある山。何度も振り返りながら登りました。


マジックアワーの美しい景色になかなか足が進みません。トレース(足跡)の無い雪稜を歩ける幸せをかみしめながら一歩一歩前進。


スノーリッジを越えると、

左側にはドドーンと万太郎山。

奥に見えるエビス大黒様もなかなか見事です。



◆油断大敵

無事スノーリッジを越えたところでひと息つきました。「スノーリッジ、思ったより楽で良かったですね〜」など談笑。


…した直後、「ズンッ」という不気味な音とともに、

落とし穴に落ちました…(苦笑)


頭の高さより深い落とし穴。唯一の先行者であるうさぎさんの足跡にふらっとついて行ってしまいました。油断したバチが当たりました。。。


落とし穴の位置は黄色矢印。そこから水色破線に沿って雪庇(せっぴ)の破断面になりかけていたと考えられます。

また3月の早い時期なので、雪がしっかりしており事なきを得ましたが、もう少し時期が遅いと危なかったかもしれません。雪庇が予想される箇所は慎重に慎重を期さねばなりませんね。


◆核心部へ

気を取り直して、先に進みます。

今回の山行にあたっては、あまり情報を調べずに来ていましたが、核心部(技術的難所)はこの後にありました。


雪壁のような急斜面です。傾斜がキツい部分は、

こんな感じ。写真だとわかりにくいかもしれません。

斜面はテカテカに凍っているので、滑ったらダメです。ピッケルはダガーポジション、アイゼンは前爪のフロントポインティングで一歩一歩確実に登りました。


※トラバース(横切る)部分もあるので、そこの方が厄介かもしれません。今回は雪の状態が良かったので問題ありませんでしたが、降雪直後のトラバースはかなり神経を使うように感じました(雪崩を誘発するので)。パーティーに慣れない人がいる場合はロープを出す必要があると思います。


それにしてもいい景色です。


難所を登り終えると、シッケイノ頭(中央)、その先に三ノ字ノ頭(左のこんもり)が見えます。仙ノ倉山はその奥。山頂までもう少しです。


◆シッケイノ頭と雪原

急斜面が終わり、シッケイノ頭がついに姿を現しました。「シッケイ」というのはカモシカのことらしいです。ここでよく見かけるのかな。


シッケイノ頭へ再び急斜面を登ります。

風が吹き抜け、雪煙が舞い上がるようになりました。冬山らしくて気持ちがいいですね。


シッケイノ頭の上に出ました。

風が強い箇所のようで、シュカブラが見事です。シュカブラは風が通り抜けた後に残る雪の文様です。


少し進むと平らな雪原になっています。バリエーションに富んだすてきなルートですね。



◆三ノ字ノ頭、そして山頂へ


雪原を越えると、三ノ字ノ頭への最後の登りが始まります。そのすぐ先に仙ノ倉山の山頂があります。

最後までけっこうな急登でした。


とは言っても、ここまでくればビクトリーロード。

美しい景色たちが、

身体を山頂へと押し上げてくれます。


三ノ字ノ頭を越えれば、そのすぐ先が仙ノ倉山山頂です。

仙ノ倉山、初登頂。


と、ここで終わりたいところですが、遠足は帰るまでが遠足!登山も帰るまでが登山!


というわけで、まさかの後編へと続きます。



アオト


3月の仙ノ倉山北尾根に行ってきました(前編)

※新型コロナの影響でお休みの間に、過去の山行記録を上げようと思います。


まずは日光白根山の後、3月中旬に行った谷川連峰、仙ノ倉山北尾根です。


※日光白根山の記事はこちら↓

http://blog.houougoya.jp/?eid=1214866



【仙ノ倉山北尾根】は、雪稜の名ルートとして名高いバリエーションルートです(一般登山道ではありません)。

普段は深いヤブに包まれており、豪雪がヤブをおおい隠す時期にだけ歩くことができる積雪期限定ルートでもあります。



今回の相棒は田口さん。(写真は@小出俣山山頂にて)

いろんな山小屋で小屋番をしながら、世界の高峰に挑戦している山男です(会ったことのある方も多いかも)。今夏も昨年に続き剱岳の早月小屋に勤務予定なのですが、山小屋の営業もコロナの影響でいつになるやらです…。


◆それではスタート!

さて、気を取り直して出発です。車を土樽駅付近に停め、高速道路の高架をくぐって林道に入ります。

例年なら林道に入った瞬間からラッセルが始まるらしいのですが、今年は標高の低い所の雪が少なかったので、ツボ足(何もつけず)で行きました。


夏場の駐車場&ゲートあたりまで来ると、仙ノ倉山北尾根のルートを見渡せます。


昨秋の台風の影響か、登山道が崩れている箇所がありました。ここ数年、登山道の崩壊が加速度的に進んでいます。


その後、渡渉(小川を渡り)と少しばかりのラッセルを経て、群大仙ノ倉山荘に到着!

地元の方は「群大ヒュッテ」とも呼ばれているようです。


雪が深くなってきたので、ここでひと息ついて、ワカンを履きました。


◆小屋場ノ頭の急登

橋を渡って、お次は小屋場ノ頭(1,182m)を目指します。(↑のピーク)

「この辺りかな」というところからテキトーに取り付きます。取り付いてみたら、目印を発見。地元の方かな。


小屋場ノ頭への登りはかなりの急登です。おかげさまでずんずん標高が上がります。


右手にはタカマタギ〜日白山の稜線が美しいです。こちらも積雪期限定の山で、ぜひそのうち行ってみたい山です。健脚者は平標山(たいらっぴょうやま)まで縦走すると聞きます。


急登を終えて…


小屋場ノ頭に到着。遅いスタートだったので、ここでテントを張りました。

数日前に来た方が雪のブロックを積んでくださっていたので、ありがたくヤドカリしました。


次回は写真正面のスノーリッジを抜けて、仙ノ倉山山頂を目指します。



アオト


真澄を一献

毎年、入山前になると訪れる近所の日向山。

今年も小屋の先輩のよしきさんに献花&献杯してきました。


昨年は台風19号で小屋が流されそうだったんですよ。あの時は…などの話から始まり、

今年はコロナウイルスというのが流行ってしまい、GWに小屋が開けられなくなってしまって…うんぬん。


明るい話題が少ないこの頃ですが、きっとよしきさんなら、あのすてきなハスキーボイスで、みんなが笑顔になるようなことを言うんだろうな。


青空の下にミツバツツジ。


鳳凰三山も少しばかり白さを取り戻しました。


今日はお付き合いできませんでしたが、次は小屋か高嶺にて一杯やりましょう。今年も小屋を見守ってやってください。



アオト


高嶺まで行って来ました 11/1

連日快晴のお天気が続いてる鳳凰三山。今日もよいお天気です。


小屋閉めの合間に、昨日は高嶺まで行って来ました。小屋の大先輩に今シーズンの報告をするためです。


アカヌケ沢ノ頭からの地蔵岳は、今日も見事のひと言。


高嶺側に向かうと普段なかなか目にしない西面から地蔵岳が見えます。


秀峰、甲斐駒ヶ岳。小屋閉め前のこの時期が一番美しいように思います。


富士山はきれいに冠雪しています。


いつもは緑一色の高嶺山頂にも、北面だけ雪が残っていて心癒されました。


高嶺山頂。小屋の大先輩よしきさんに今シーズンのご報告。今日はよしきさんが好きな真澄を持って来ましたよ。

今年は天気(予報)が悪くてお客さんが少なかったとか、今季はスタッフがたくさん集まって来季も続けてくれそうとか、倖市さんは身体のあっちが痛いこっちが痛いと言いながら何だかんだで元気だとか。

そして、台風19号の時は土石流が迫り、危機一髪だったとか...。

きっとあの時も寸でのところでよしきさんが守ってくれたんだと思っています。ありがとうございました。今後も小屋をみなを見守ってください。それではまた来年。



アオト


初雪直後の稜線散歩 10/23

今朝は快晴無風のよいお天気。初雪直後の景色を見るため、地蔵岳〜観音岳の稜線を歩いて来ました。


朝焼けの中の地蔵岳。ちょっと遅刻してこの景色を見ながら登るのが好きです。


岩ひばりが雪の上をちょんちょんと歩いてエサを探していました。冬に備えて少しぽっちゃりしたかな。


ご来光。最近は6時頃に太陽が顔を出します。


賽の河原。お地蔵さんの奥には雪をまぶした甲斐駒ヶ岳、赤石沢奥壁が見事です。

少し地蔵岳側に登ると、

甲斐駒ヶ岳の右肩には、真っ白な槍穂高連峰ヶ岳が控えます。


仙丈ヶ岳もきれいでした。


アカヌケ沢ノ頭に移動して地蔵岳。アカヌケはビューポイントなので、ぜひのんびりして行かれてください。北岳もとてもきれいですよ。


次は観音岳へ向かいます。

地蔵岳と八ヶ岳。カラマツが山肌を黄色く染めつつあります。今週末〜来週にかけてピークを迎えるでしょう。


地蔵岳&観音岳。北側斜面は日が当たりにくく、少しだけ凍っている箇所がありました。


今週はまだ気温が高いので昼前には溶けてしまったと思いますが、気温が下がって来るこれからの季節(11月以降)には軽アイゼンやチェーンスパイクが必要になってきます。


最後に観音岳山頂より白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)。

今日の北岳と間ノ岳は特別にきれいでした。こういう景色に出逢えるから、やはり山はやめられません。


鳳凰小屋は小屋閉めまであと10日となりました。しっかりとした防寒の準備をしてお越しください。寒さが増し、いよいよ景色美しい鳳凰三山でお待ちしております。



アオト


燕頭山コースのご紹介

先日の台風で通行不能となってしまったドンドコ沢コース。

今日は薬師岳小屋の小林さんが注意喚起の張り紙を持って来てくださいました。ありがとうございました。


ドンドコ沢コースが通れなくなり、現在、鳳凰小屋に至る道は御座石鉱泉からの【燕頭山コース】がメインルートとなっています。

(※夜叉神峠からはとても長いので、健脚者向け。広河原からの白鳳峠コースは登山道の様子がまだわかっていません。)



【燕頭山コース】は、御座石鉱泉から燕頭山(つばくろあたまやま)まで樹林帯の急登が続きます。標高差は約1,000m。

この道は古くから地蔵岳へお参りする参拝の道でした。所々に点在する石碑がその歴史を感じさせます。


「いつまで続くんだ、この急登は?」という思いが胸を何度かよぎる頃、燕頭山(2,105m)に到着します。

笹原の気持ちのいい山頂。サルオガセがたくさん見られます。↓


燕頭山を越えると、山々がきれいに見えるようになります。

甲斐駒ヶ岳


地蔵岳のオベリスクも


富士見岩からは富士山がきれいです。



秋色深まる鳳凰三山へぜひお越しください。



アオト


        
| 1/32PAGES | >>